• ベビーシッターはどのような仕事をするのか

    • ベビーシッターはあまり知られていませんが、保育園や幼稚園とどのような違いがあるのでしょうか。

      保育園や幼稚園に勤めるには、国家資格である保育士の資格や幼稚園教諭の資格が必要です。

      ベビーシッターの最新情報が揃っています。

      それに対して、ベビーシッターは特別な資格を持っていなくても務めることができます。
      保育園や幼稚園は集団保育をするのに対してベビーシッターは個別保育をすることが多いです。なので、子供一人一人にあった保育をすることができ成長を見守ることができます。


      また、保育園や幼稚園は、毎日決まった時間に働くのに対して、ベビーシッターは決まった時間ではなく自分の好きな時間に仕事を入れることができます。



      イベント会場や託児所で子供を預かることもありますが、個人のお宅に行って子供を預かることが多いです。


      個人のお宅で子供を預かる場合どのように仕事をするのかというと、まず依頼されたお宅にいきます。そして保護者の方と打合わせを行います。
      保護者は仕事や用事に出かけてしまうことが多いので、留守の間子供の保育をします。

      食事の世話や遊び相手やおむつ交換などをします。

      独自のシステムでT-SITEの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

      外で散歩をしたり、公園で遊んだりもします。


      また、小学生の世話をする場合には勉強をみてあげたりもします。

      保護者が帰宅したら、その日行ったことや子供の様子を伝えて終了となります。


      きちんとお客さんとコミュニケーションをとることが重要になります。

      そして、お客さんと信頼関係を築ければ指名されることも多くなります。

  • 生活の特徴

  • 生活について情報

    • ベビーシッターの選び方とは

      女性の社会進出が盛んになりつつあるとはいえ、まだまだ子供を預けられる環境が整っているとは言いがたい現状もあります。そこで年々利用者が増えているのがベビーシッターです。...

  • 最新情報・生活入門