• ベビーシッターはどういう仕事をするのか

    現在では少子化が進んでいるのにも関わらず、共働きの家庭が増えたため保育園への入園希望者が増えました。


    しかし、今では保育園に入れない人も多く待機児童が問題になっています。
    保育園を新たに作っても保育士がなかなか集まらないのが現状です。



    保育士は低賃金で重労働のため、なり手が少なかったり、一度辞めてしまうとなかなか復職する人が少ないのが現状です。
    保育士や幼稚園教諭になるには、大学や専門学校を出て資格をとらないといけません。
    しかし、ベビーシッターは資格を持っていなくてもなれるのです。
    とはいってもやはり就職する時には、保育士や幼稚園教諭の資格を持っている人は優遇されます。
    また、看護師の資格を持っている人も子供の怪我や病気の時対応できるということで優遇されるでしょう。

    ベビーシッターについての情報です。

    ベビーシッターは派遣やアルバイトで働く人がほとんどです。この仕事を始めるときはまず、ベビーシッター会社に登録しなければなりません。


    その後、依頼された個人のお宅へ行って子供を預かります。

    毎日同じお宅に行くことは少なく、いろいろな家に行き子供を預かることが多いです。

    一つ上の日本経済新聞の有益な情報のご紹介です。

    個人宅ばかりではなく、イベント会場や託児所で子供を預かる場合もあります。
    仕事内容は子供の食事の世話やおむつ替え、遊び相手などがあります。
    子供が、けがをしないように細心の注意をしなければなりません。

    実際に事故も起きたことがあるので注意が必要です。
    命を預かる仕事なので責任重大な仕事なのです。